簡単!WordPress 画像の保存場所を変更する方法

WordPress 画像保存場所の変更方法

画像をアップロードして保存している場所はデフォルトでは、wp-content → uploads → 年月ベースのフォルダです。

ブログの投稿には向いていますが、WordPressをネットショップなどで使用している場合は、修正の際に画像を探す手間が増えたりします。

そこでひとつのフォルダの中にまとめて保存することにしました。

スポンサーリンク

年月フォルダ設定を解除

アップロード先を
wp-content → uploads → 年月ベースのフォルダ
から ↓
wp-content → uploads
にします。

WordPress管理画面の左メニューの 設定 → メディア

WordPress 画像保存先変更
画像をクリックすると拡大表示します。

「アップロードしたファイルを年月ベースのフォルダに整理」のチェックを外します。

これだけで、wp-content → uploadsフォルダの中にフォルダ分けされることなく画像が保存されていきます。

特定のフォルダを作成して画像を保存する

uploadsフォルダでもいいのですが、imagesフォルダをFTPソフトを使用して作成、その中に画像を保存することにしました。

ディレクトリは、wp-content → imagesです。

1.ブラウザのURLの欄に ●●●.com/wp-admin/options.phpと入力。
WordPressの「すべての設定」ページを表示します。

設定の項目がアルファベット順になってるので、「upload_path」「upload_url_path」の項目までページを下がります。

WordPress 画像保存先変更
画像をクリックすると拡大表示します。

2.それぞれの入力欄に

・「upload_path」← wp-contentを含めたディレクトリからさっき作成したフォルダ名までのパス(例:wp-content/images)を入力。

・「upload_url_path」← 上記のフォルダまでの完全なURL(例:http://example.com/wp-content/images)を入力します。

メディア設定ページを確認

この記事最初の年月フォルダ設定を解除でやった事を確認します。

WordPress 画像保存先変更
画像をクリックすると拡大表示します。

設定 → メディアを開くと…
今度は
「アップロードするファイルの保存場所」

「ファイルへの完全な URL パス」
の項目が追加されています。

キチンと設定できているようでしたら、試しに画像をアップロードしてみます。
目的のフォルダにアップロードできていれば完了です。

うまくいかない場合は、権限(パーミッション)を「755」で設定して再度確認します。

以上の作業はサイト作成初期の段階で変更したい場合に有効です。
すでに投稿してあって、途中から保存場所を変更した場合の対処方法は今度検証したいと思います。

  • スポンサーリンク
  •  

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。名前・コメント・画像認証が必須となっています。


*