WordPressを複数インストールする方法|Instant WordPress

Instant WordPress|インスタントワードプレス

前回「Instant WordPress をUSBメモリに! WordPress ローカル環境構築方法」の記事に続くかたちで、今回はUSBメモリにインストールした「Instant WordPress」内にWordpressを複数インストールする方法についてメモしました。※サーバーにインストールする場合とは異なる点がございますので、ご注意ください。

複数インストールする場合のタイプは2通りあって、ひとつのデータベースに複数のWordPressを用意する方法と、複数のWordPressそれぞれにデータベースを用意する方法があります。

サイトを複数作成することや、プラグインのテストなどが目的なので、今回の記事は後者の「Multiple Databeses」についての記事になります。

スポンサーリンク

現在のローカル環境構築状況

現在ひとつのWordPressがUSBフラッシュメモリにインストール済みです。
ディレクトリ構成

¥InstantWP - ¥iwpserver - ¥htdocs - ¥index.php
                                    ¥favicon.ico
                                    ¥wordpress
                                    ¥instantwp

WordPressはバージョン4.1をインストール済み
MySQLデータベースは「wordpress01」で作成後、Wordpressとの接続設定済み

現状のWordpressと同じ階層にさらにWordpressを追加していきたいと思います。

 

追加するデータベースを新規作成

最初に、追加するWordPressのデータベースを作成します。

「InstantWP.exe」をクリックしてInstant WordPressを起動します。
※「Instant WordPress」についての詳細は、こちらの記事を参照してください。

Instant WordPress|インスタントワードプレス

1.MySQL Adminをクリックします。

 

Instant WordPress|インスタントワードプレスphpMyAdminにログインします。

ユーザー名:root
パスワード:(空欄)
「実行する」ボタン

 
MySQL localhose から「新規データベースを作成」します。
ここでは例としてデータベース名を「wordpress02」とします。

Instant WordPress|インスタントワードプレス

「新規データベースを作成する」の空欄にデータベース名「wordpress02」を入力して「作成」ボタンをクリックします。

上の方に「データーベースwordpress02を作成しました。」と表示がでればOKです。左上、緑色のEXITアイコンをクリックしてログアウトします。データーベースにテーブルがない状態でログアウトして大丈夫です。

 

日本語版WordPressを追加

WordPress日本公式サイトから最新(現時点で4.1)のWordPress 日本語版をダウンロードして解凍します。
解凍したWordpress本体のフォルダ名を「wordpress02」として、「InstantWP_4.4.2」 – 「iwpserver」 – 「htdocs」フォルダ内に追加します。

 

MySQL データベースとの関連づけ

Instant WordPress|インスタントワードプレス

1.WordPress Adminをクリックます。

 
すると、今インストールしたwordpressではなく、以前にインストールした一番目のwordpressのログイン画面が表示されるかエラーになるので、ブラウザのURL欄を変更します。

http://127.0.0.1:●●●●/wordpress/wp-login.php

http://127.0.0.1:●●●●/wordpress02/wp-login.php

「wordpress」の部分を→「wordpress02」に変更してからブラウザの更新をするなりエンターキーを押すなりして、今インストールしたWordpress02のログイン画面を表示します。
今後ログインする度にURLの変更をするのは大変なので、ブックマークしておきます。

 
ユーザー名:admin
パスワード:password

 
データベースとの接続に必要な情報を設定します。

Instant WordPress|インスタントワードプレス

 
Instant WordPress|インスタントワードプレス

データベース名:wordpress02
ユーザー名:root
パスワード:(空欄)
データベースのホスト名:localhost
テーブル接頭辞:wp02_ ※デフォルトの「wp_」でも稼動しますが変更することで、テーブル名を推測されてデータベースが不正操作の攻撃を受ける可能性を減らします。

 
Instant WordPress|インスタントワードプレス

「インストール実行」ボタンをクリック

 
Instant WordPress|インスタントワードプレス

後から変更できるので、気楽に、ログインの際に忘れない程度に入力。

 
Instant WordPress|インスタントワードプレス

 

Instant WordPress|インスタントワードプレス
先ほどのユーザー名とパスワードでログイン。

ひとつ目にインストールしたWordpressにしかログインできない場合は、先ほどのURLの変更を行ってください。

 
無事ダッシュボードを表示できました。

Instant WordPress|インスタントワードプレス

テーマはTwenty Fifteen でwordpressのバージョン4.1を確認。

以上でWordpressの追加は終了です。
この手順を知っていれば、フラッシュメモリの容量次第でさらにWordpressをインストールしていくことができます。

 

  • スポンサーリンク
  •  

関連記事

「WordPressを複数インストールする方法|Instant WordPress」への2件のフィードバック

  1. 大変参考になりました。
    なんとかPC内にマルチでWordpress環境を構築できたのですが、
    現在運用中のサイトをコピーしてローカルにもってきたいのですが
    うまくいきません。
    DBでエクスポートしてローカルのDBにインポートすると、ローカルPC
    のログイン画面でなぜか公開しているサイトへ飛んでしまいます。
    なにか設定があるのでしょうか?
    初心者の質問で恐縮ですがよろしくお願いします。

    1. サンマルクさん、参考にして頂いてありがとうございます!

      Web上のサイトをローカル環境に移行したいとのことですが、もしかするとデータ内のURLの置換作業がまだなのでは?と思います。
      もしこれからであれば、PHPスクリプトを使用して置換することで、解決するかと思います。
      詳しい方法については、ここでは長くなってしまうので、「SEARCH REPLACE DB」で検索してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。名前・コメント・画像認証が必須となっています。


*