簡単!翻訳ファイル(poファイル)の編集方法 | WordPress カスタマイズ

WordPress

フリーソフトpoeditを使って翻訳ファイル(poファイル)を編集しました。WordPressのコメント欄「メールアドレスが公開されることはありません。」の後に文言を追加したときの備忘録になります。

【 環境 】
Poedit Ver 1.7.6

スポンサーリンク

poファイルって?

少し前に、コメント欄の必須入力を解除したときに「*が付いている欄は必須項目です。」を「名前・コメント・画像認証が必須となっています。」と変更しました。

そのときは、function.phpに追記する方法で変更したのですが、その後調べて、翻訳ファイル(poファイル)を編集する方が簡単でした。

WordPressは基本的には英語表示のプログラムコードで出来ていますが、各国で文字表示できるという前提でコードが組まれ、それに従って各国の翻訳ファイル(poファイル)が用意されています。

その翻訳ファイル、日本の場合だと「ja.po」ファイルを編集します。
ja.poファイルのそばにある「ja.mo」ファイルがWordPressが読み込むファイルで、ja.poファイルは編集ファイルになります。
ja.poファイルを保存するとja.moファイルが更新されます。

poeditのダウンロード

poファイルを編集するための専用ソフト「poedit」をダウンロードします。
ダウンロードはこちらから
https://poedit.net/download
ダウンロード後インストールして準備はOKです。

poファイルの編集方法

poファイルのある場所は、wp-contents → languagesフォルダの中に「ja.po」ファイルがあります。
poeditからpoファイルを開いても、poファイルをクリックして開いてもOKです。

poeditイメージ

ファイルを開いたら
1.Windowsだと「Ctrl+F」を押して検索ウィンドウ立ち上げて、変更したい単語や文章を検索します。
たくさんの箇所で使われてる単語は、変更したい場所で使われている単語ではないこともあるので確認しながら…
※例えば、「コメント」だったら単語のあとに00000と付けてみて「コメント00000」と表示されているか…など。

2.「翻訳」の欄を編集します。

3.編集ができたら、上のメニュー「保存」をして完了です。

  • スポンサーリンク
  •  

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。名前・コメント・画像認証が必須となっています。


*